三洋電気のエネループバイクは充電時間が3分の1に短縮!

電動アシスト自転車の充電時間が大幅短縮される!

三洋のエネループバイクです。

坂道も楽々乗れる電動自転車は便利なものだけど、充電時間が3時間もかかっていた。

それが3分の1になったのです。
ブレーキをかけた時、坂道を下る時、などのエネルギーを充電のエネルギーにかえるのです。


三洋電機は、電動アシスト自転車の新基準アシスト比率最大1:2に対応し、走りながら充電できる「eneloop bike(エネループ バイク)」を2009年2月より発売する。価格はメーカー希望小売価格で¥136,290。
電動アシスト自転車の新基準とは12月1日より施行される道路交通法施行規制の駆動補助機つき自転車の駆動補助率の割合の改正。10km/h未満の低速域において、人力に対するモーターの力の比率がこれまでの1:1から最大1:2となる。


アシスト比率が1:2になったということは、人力が50%から33%に減少し、より楽に発進ができる。
若干微妙に思える数値だがもともと効果が高いアシストだっただけに
その効果は抜群だ。

アシスト自転車で気になるのが、1回の充電での走行距離。
eneloop bikeは下り坂や減速時に発生するエネルギーを充電する
ループチャージを搭載。
この機能により、最大約1.8倍の走行距離を実現。
eneloopを冠しているだけある実力というわけだ。

また、両輪駆動を採用しているので通常の後輪のみのアシストよりも
安定したスムースな走りが楽しめる。

これがあれば坂道が好きで、住まいは坂道のある街でなければ、と思うわたしにはぴったり!

しかも6年も坂道を自転車通学したわたしには郷愁もある自転車が大好き!

車よりもエコで運動にもなる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。