藤巻健史のマネー避難

藤巻健史さんのマネー避難は、素人でもわかりやすく、シンプルに経済の動き方を教えてくれる。

経済が世の中を支配しているのなら経済に強くなりたいと思う。

以前、世界を動かしているのは軍事でもなく、宗教でもなく、一番動かす力があるのは経済だと知って少なからず、びっくりした記憶がある。

そういえば日本の過去でも江戸時代町人が力を持った時期があった。

景気がいい時は何の心配もなく普通に暮らしていたけれど、今はちゃんと食べていけるのだろうかと不安になる。

しかも今は世界的に経済が不安定だし。
日本も今までにない危機的状態なのに案外のんきな政治家、国民が多いのに不安がつのる。

この藤巻健史さんの本を多くの政治家、国民に読んでほしいと思う。
そして国民の力で市場原理を動かしてよい方に向ければと。

政局中心で自分のことばかり考えている政治家にはまかせられない。
世の中のために頑張ってくれる政治家が力を出せないのももったいない。
だからノーマルな正しい考え方で国民の力が反映されるよう
自分も正しい判断力を持ちたいと思う。

藤巻さんは日本は本当の資本主義ではない、外国からは社会主義だと思われている、と。

ここは知っていた。

(円安が日本を救う)(世界的にインフレになる)など。これもわかる気がする。

これからの困難を生き抜くためには資産分散、が必要と。

この本を読んですぐ実行したいこと、ひとつ。

外貨建て(米ドル)MMFを始めようと思う。
FXは難しいのでしない。

会社の帰りに銀行で資料をもらった。

近日中に決めたい。



タグ:藤巻健史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。