アマゾンのキンドル

アマゾンでキンドルが売りだされた!
端末で小さいけどスマホにくらべたら大きい。
しかも一回に充電で2カ月近く持つという。
スマホはネットで電車乗換えや行きたいところの道順調べやおいしいランチなど探すのに便利だけど、
字が小さいのが悩みだった。

●下記はウィキペディアからの転載
同種の機器に対する強みは、携帯電話網を利用した高速通信を利用することで、PCを介さずに電子書籍や新聞記事がダウンロードできる点にある。携帯電話会社との契約は不要で、アマゾン・キンドルのサイトとウィキペディアのサイトであれば無料で接続できる(通信料をアマゾンが負担する)。それ以外のサイトは有料となる予定であったが、2011年8月現在、第2世代/第3世代ではそれらも無料である。ニューヨーク・タイムズなどの新聞、タイムなどの雑誌、各種ブログをそれぞれ有料で購読できる。購読している定期刊行物のダウンロードは電源をONあるいはスリープモードにしていれば自動的に行われる。 ここまで
----------------------------------------------------------------------------------
目は老眼だけどメガネはかけていない。ふつうに読めるから。でもスマホの字は小さい。
しかも毎日充電は必要。だから、何か端末がほしいと思っていた。
わたしの実家はネットがつながれていない。
でもキンドルなら充電がもつからパソコンなくても、ネットを見る必要がある用件は解決できる。
しかも大きさがちょうどいい。
ちゃんと見れて小さい。字も大きくしたらそのままで改行されるので自分の大きさでネットが見れる。

しかもお値段はスマホ寄り安い。これならスマホとキンドルを二つ持ち歩ける。
理想どうりの端末だと思う。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。