専門医で痛風患者の医師により考えられた辛くない、飲酒OK食事制限なしの痛風治療法とは?

専門医で痛風患者の医師が考えた、
飲酒OK食事制限なしの辛くない痛風治療法
知っておく価値はあります。
腎臓病、人工透析、
尿酸値が高いことでおこる病には
知っておきたい内容です。


痛風は足の激痛だけでなく、
腎臓病も併発するリスクが高いことが
かなり厄介な病気です。



プリン体とお酒を控えるだけで
薬に頼るのはかなり危険な安易な治療法だと思えます。
しかし、これだけで薬で抑えられルレベルを
維持しているだけでずっと病院に通い、
ずっと薬を続けるだけという治療をしている人は多いです。



薬に抑える力はあっても治してはいないし、
薬の副作用は必ずあります。
つまり、マシな方を選択しているにすぎません。


辛くない痛風治療法を医師であり
痛風患者になった経験から書かれた
この痛風治療法は知っておいて損はないと思います。


痛風は尿酸値が異常に高くなる状態が
継続的に続く結果起こる病気です。
尿酸は「プリン体」と呼ばれる老廃物で
これが体の中に溜まってしまうと、
尿酸値が高くなり痛風を引き起こします。


このプリン体が体内に溜まる原因は2種類あります。


1.食事に含まれるプリン体が体内に取り込まれて溜まるケース、
2.食事として摂取したタンパク質等からプリン体が体内で作られるケース


対策として
●プリン体を多く含む食事を取らない生活を心がける。
●尿酸の発生を促進させるアルコールの摂取は厳禁。
●尿酸の排出をおさえる働きの食べ物は控える。

などが重要で、

逆にプリン体の制限だけをしても、
尿酸値があまり下がらないということもわかっています。

ですから食事メニューに関しては
あまり神経質にならなくてもいいのですが、
痛風患者は偏った食べ方をしている結果でもあるので
食事療法も必要ではあるのです。



尿酸値を正常に戻し
痛風を治すために必要な3っつのポイント

それは、
肥満に注意すること(食べ過ぎなど)
水分を多めに取ること
アルコールの適正量、など。


その他、この治療法でわかることは、

いつまで治療を続ければいいのか?

痛みが引いたから治療をやめる…。というのは問題外です。

痛みが出ないとついつい好き勝手に
生活してしまいがちですが、
治った、改善したと言える判断基準をご紹介します。


ストレスと痛風の関係
薬、サプリメントが尿酸値を上げる…
自分で判断出来る、尿酸値の判断基準

痛風の発作が出ないからといって
油断してはいけません。
尿酸値が高い状態が続いていると、
腎臓障害を引き起こします。

食べ物に含まれているプリン体よりも
注意しなければいけない事とは?

尿酸値を下げる運動、上げる運動の違い
水分はどれぐらい取るべきか?
痛風はなぜ男性に多いのか?
肥満になりにくい食事の取り方とは?


以上のようなことがわかり、

ポイントを抑える事で簡単に肥満にならない
食事の取り方が出来るようになります。

尿のPH値を測るには?
必ずしも測る必要はありませんが
、回復の経過や、体調を測る目安として、
自分でPH値を測れる方法を
知っておくと治療に励みが出ます。

など、根本的なことがわかるので、
正しい自己管理ができるのです。

辛くない痛風治療法をお知りになりたい方は、
    ↓