体にいいお菓子の選び方

低収入では健康が一番大事。
病気になる余裕もないし、健康でさえいればなんとかやっていける。

だから、食べ物には気をつけなくては。

お菓子の食べ過ぎはよくないけれど、やはり食べたい。

なるべく自然で体にいいお菓子でおいしいものを探す。

気をつける基本は、

●甘みは白砂糖を使っていない。

●塩なら自然塩を使っている。

●マーガリン、ショートニングはトランス脂肪酸が入っているのでこれをつかているお菓子は買わない。
(トランス脂肪酸は役に立たないばかりか体に害をもたらす悪玉の脂肪であり、ヨーロッパでは禁止されている。)

だからマーガリンよりはバターの方がいいと思う。

添加物を極力使っていない。

以上を基本に選ぶ。種類は少ないけれどある。
原材料名を必ず読んで決める。

わからないものもある、たとえば外食でぜんざい、などはわからないけれど、多分白砂糖、でもたまには食べる。洋菓子も白砂糖だと思うけれどたまには食べる。

家でドーナツを全粒粉、豆乳、卵、バター、きび砂糖でつくればかなりいいお菓子になる。

そば粉のホットケーキもそば、卵、豆乳でかんたんにおいしくてできる。メープルシロップをかけて。

米兵の8:2の法則

米兵のリサイクルショップの社長がテレビに出ていた。

なんでも8:2の法則をビジネスに入れた考え方が参考になった。
値段つける時も10人いたら8人が納得して2人が納得しない。

ここを基準に買う時も売るときも値段をきめると、時代にあった相場になると考えるとのこと。

仕入れの時、10人みんなが納得するようなら高すぎるし、7人が納得するなら少し安いと思う、とのこと。

売る時も8人がほしいと思う値段なら相場だと思うし、7人なら少し高いのだ、とのこと。

ものにもよるけれど、この考え方はいいろいろ使えそう。

わたしは会社で安い衣料品を企画しているのだけど、このくらいの商品を買う層が8人欲しいと思うデザインと値段設定にしないといけない、と思った。

この米兵の社長さんの考え方を見習おう。

でも、わたしはリサイクルは買わない。
ぜったいないめずらしいデザインで素敵で、状態がよかったら買うけれど。普通のデザインなら買わない。

着物だったら買う、今はない柄でシルクだから。
洋服にアレンジして着る。

心斎橋、神戸の三宮にもあるそうだから行ってみよう。
シルクは着ごこちがいいし、面白い柄を探そう。

友達も着物地のアレンジにはまっているという。
わたしも50歳すぎてから手作りしたくなった。
長いこと、既製服業界で仕事してきたのだけど。

中国生産が多いし、少し野暮ったいやさしい服に心が癒される。







雑穀が注目されている!

雑穀が体にとてもいいと、タレントの並悦子がテレビで紹介していた。

雑穀はもともと日本人の基本の食べ物であったそうで、日本人の体に合うとの本は読んだことがあり、気にかけてはいた。

10穀米とか5穀米とかは今までも好きでたべているし、キビご飯やアマランサスを入れたご飯、黒米を入れたご飯もよく食べている。

でももっといろいろ食べたくなった。

並悦子さんは難病が治り、肌も調子よくなり、下腹もへこんですっきりしたそう。

並さんは雑穀米の料理本も出しているそうなので本やにいって見ようと思う。

アマランサスを煮てたらこの食感にしたスパゲティなど以外なメニューに工夫していた。
おいしそうだった。

ローソンとも提携して雑穀のお弁当も企画して販売されているとのこと。

主食を玄米や雑穀にしたらかなり栄養バランスはよくなるのでうれしい。雑穀のいいところは玄米と同じように精白していないので、生きているから栄養価が高いこと。

今日は会社の帰りに本屋さんに寄ろう。
タグ:雑穀

酵素は消化、吸収に不可欠なもの!

酵素は普段意識されにくいのですが、人が食べ物を食べて消化、吸収する時に酵素がなければ利用できないのです。

酵素が仲立ちをして体や脳が使うことができるんです。


しかし、現代の食生活は、インスタント、輸入、加工食品、季節以外の野菜や果物の摂取が多いため、酵素が不足がちです。

酵素は生まれた時にもっているものと、食物から摂るものとあります。
酵素の多く含まれる食べ物は、生の果物、発酵食品、生野菜、刺身などがあります。

発酵食品は、納豆、味噌、糠漬け、ヨーグルトなどがあります。
しかし、きちんと時間をかけて発酵された味噌や糠漬けでなければなりません。

日本人には果物や納豆、糠漬けから酵素を摂る方が、ヨーグルトより良いという医師の報告もあります。

雑穀、野菜中心で生きた先祖からの遺伝は大きなものです。
体は適応して今日があるのですから。

かんたんにまとめると地域の近くでとれる自然食品が体に良い、ということです。

良い食材を選んで命を養う食べ物を摂りたいものです。

健康が一番、節約、余裕にもつながるのです。
少し高くても、良い食材を選ぶことが健康につながり、結果的には、
お金のかからない生活になるのですから。

蒸し料理は栄養価高くてカロリー少量なので一石二鳥!

蒸し料理が人気だそうです。

野菜や肉、魚などを蒸すだけですから他の調味料を使わないからカロリーは少なくなるし、茹でるとお湯の中に逃げる栄養素も少なくなるのでいいのですね。

特に根菜類がおいしくていいようです。

じゃがいも、さつまいも、にんじん、れんこん、さといも、だいこん、かぼちゃちゃ、などです。

お魚は白身魚、肉類なら鳥、豚がいいようです。

蒸し鍋は、人気は土鍋ですね。
真ん中の段が穴あきのお鍋です。
ゆっくりと熱がはいっていくのでおいしいし、栄養も逃げにくいのだそうです。
しかも、土鍋の蒸し鍋だと布巾をはさまなくていいので扱いも楽です。

わたしは、じゃがいも、さつまいも、くりかぼちゃ、をよくします。
お気に入りの自然塩を降るだけで食べます。

料理したくないなあ、でもお腹がすいた...と思うときにするので、おいしいです。

素材がいいことも重要ですが。
蒸すだけですからシンプルなので素材がものをいうのですね。
油も使わないし、肉や魚は余分な油も下に落ちるので少なくなり、ダイエットにもいいのです。
タグ:蒸し鍋

ごまパワーはセサミンの力!

ごまが好き!

好きか、普通のどちらかではないかな?
特別変わった味でもないし。

ごまに含まれるセサミンという成分が、若さを保つといわれる。

しかしそのままでは吸収されにくいのですりごまにして使うのがいい。煎ってからすり鉢でするのが一番香りもよくおいしい、
面倒な場合は、すりごまを買っても、
ごますりですってもいいと思う、食べないよりは。

朝日新聞のコラムでも有名な藤巻兄弟の藤巻さんもごまをいつでも食べるのが習慣で、元気の元だとおもっているとのこと。

高校生の息子さんのお弁当のごはんにごまを3段に敷き詰めるのがはやっていたと聞いたこともある。

ほうれんそうや小松菜のごまあえ、みそ汁に入れたり、おにぎりやいなりずしにいれたり、漬け物にかけたり、豆腐にかけたり、なんでも使える。

毎日の御飯にお塩とふってもいいし、自家製ふりかけに入れたり、何でも合う。

セサミンEプラスを錠剤で摂る方法もある。
でも、わたしは病気になっていなければ食べ物でとりたい。

病気だったら早く治したいから錠剤などもいいと思うけれど。

産地直売、スマイル阪神が伊丹市にオープン

農産物直売所:新鮮な野菜を生産者が販売 22日、伊丹にオープンした。 /兵庫県

 伊丹市公設卸売市場(同市北本町3)内に農産物直売所「スマイル阪神」が22日、オープンした。
ここからは少し遠い、近くの人はいいなと思う。

伊丹をはじめ阪神間の農家が作物を直売する施設で、市は「食の安全が問われている中、地元産の新鮮な野菜や果物を味わってほしい」とPRしている。

このような施設はたくさん作ってほしいと思う。

生産者の名前入りで作る人も、顔が見えて作りがいがあると話していた。スーパーよりもずっと安いし、近くでとれているからとても新鮮だし、近くのものの方が体にいいのだから。

 直売所は同市場で青果を担当していた業者が06年春に撤退して空いていた場所に、市が約1億円をかけて整備したんだそうです。
運営は兵庫六甲農協と出品する農家の団体に委託されているそう。

 農作物は、阪神間や神戸市を含めた同農協管内の約300軒の農家が持ち込む。このうち約半数が伊丹市内の農家。野菜や果物のほか、苗木や生花、精肉なども。
ここに業者はいらないことで安いのだそう。

米問題で業者がたくさんはいることで不正が分からなかった、あのような問題が起きにくい状況。

生産者と消費者が顔が見え、どちらにもいいことであり、その仲介を市がしてくれる、これは理想的な状況だと思う。


有機農業運動の藤田和芳さんは世界を変える社会起業家100人に選ばれた!

大地を守る会の代表、藤田和芳さんは世界を変える社会起業家100人に選ばれた!。

有機野菜などを宅配する事業を成功させた人。
初代代表は歌手、加藤登紀子さんのご主人、故、藤本敏夫さん。
初めは4人ではじめ大きく成長されたことはうれしいこと。

わたしは納豆を取り寄せている。
手に入る限りいろいろ食べたけれど、大地を守る会の納豆が一番おいしいと思う。

冷凍すれば3か月は味は変わらず持つので便利。
朝食べる時は前の晩に冷蔵庫に一個移しておくだけ。

農家の人とも助け合いながら、農薬控えめ
有機野菜を作ってくれる企業が増えてくれるのはとてもうれしいこと。

わたしは大地を守る会から買うことで協力していきたいと思う。
こんな恵まれた土地がある日本なのだから農産物は自給自足したいもの。
その土地のものの方がそこに住んでいる人の体にはいい、ということを知らないひとが多すぎるのは残念。

自分たちの健康は自分たちで守りたい。
政治家を動かすのもわたしたちひとりひとりなのだから、いまできることを協力したいと思っている。

みんなが自分の健康に気をつければ病人もすくなくなり、税金も保険料も安くなるのだから。

情報を上手にキャッチして生活上手になりたい。


国内の安全でおいしいものを食べたい!

おいしっくすのことが新聞に出ていた。

国内の安全な食べ物を普及することを考えてこんな会社を企業として取り組んでくれることはとてもうれしい!

国民のため、国内の農業を活発にすることは、国民のため、日本のためにいいと思う。わたしが待っていた会社。


「おいしっくすくらぶ」は、定期購入サービスであり、
会費無料で毎週、自分が選んだコースにあわせて、その週のおいしいお野菜やおすすめ食材を提案してくれる。

【お気に入りを見つける、8回のご提案】は、
はじめてご利用いただくお客様のために、初回〜8回目まで、今が旬、人気のお野菜と・多くのお客様に支持されている「Oisix殿堂入り?、品(肉、魚、パンなど)」を中心にご提案。おいしい商品探しをサポートします。とのこと。

わたしは一人暮らしなので、このコースがいいのだけど、

【コース内容】
■野菜、デイリー食品 3,300〜4,000円(税込)
※野菜6〜8品・果物1〜2品・きのこ1〜2品、牛乳1L、たまご6個、お豆腐

牛乳は飲まないので不要、だけど、こんな方法らしい。

* 「おいしっくすくらぶ」は定期購入サービスです。ご登録いただきますと毎週(または隔週)、お客様がお選びになったコースごとに、その週のおいしいお野菜やおすすめ食材を「基本セット」としてご紹介させていただきます。


* 「基本セット」の内容は毎回、お客様のお好みにあわせて変更・追加・削除いただけます。また、必要ない時はキャンセルも可能です。


* お客様よりキャンセル・変更がない場合は、その「基本セット」をお届けします。

ひとり暮らしは外食も多く、定期的に配達されるのは少し不便、また残ってきそうな気もする。

いいことは自分で買い物すると同じようなものばかり買ってしまうので少し矯正されそうなところがいい。

少し検討して考えてみたい。

ツマガリのお菓子

ツマガリのお菓子屋さんは西宮市の甲陽園の駅の近くにあります。

近くには工場も点在しているのですがとてもオシャレな工場なんです。
ヨーロッパの工房のようです。

お菓子は甘さが控えめでもなく、甘過ぎでもなく、程よい感じです。
わたしはお菓子が甘さ控えめは嫌いです。
甘過ぎも後味が悪いので嫌いです。

ツマガリのお菓子は程よい甘さです。

そばに、カブトヤマという喫茶店もあり、ツマガリのケーキやお菓子が食べられます。

日曜日に買いに行くと、整理券くばっていました。

クッキーよりも、生ケーキやシュークリームがすきです。
パウンドケーキもすきです。

チョコレートもあります。

社長さんの儲かるだけでなく、根っこが人のためにと考える考え方がすてきです。

地域の人に愛されている会社(工場)はいいですね。
企業がすべてこんな考え方の社長さんだったらいいですね。
タグ:ツマガリ