樫木裕美のカーヴィーダンス

樫木裕美さんのカーヴィーダンスをテレビで見た。

ダイエット特集の番組だった。

樫木裕美さんはかわいらしくて魅力的なプロポーションで、
エクササイズのタンクトップとカーゴパンツ風のスタイルも素敵だった。

わたしもこんなスタイルがしてみたいと思ったけど、若くないと無理かな?と。

ウエストも細く二の腕もしまっているから似合うのだ思った。
30代前半かな?と。

ところが50歳くらいと知ってびっくり。

ぜひ、樫木裕美さんのカーヴィーダンスをやってみたい。





樫木式カーヴィーダンスで即やせる!―踊るほどにくびれができる! (GAKKEN HIT MOOK)

美しくやせる理想的な方法だと思う。
費用もかからないし、楽しくダンスを自宅ですればいいのだから。

古谷暢基先生の簡単なダイエット

古谷暢基先生の簡単なダイエットが結局いいかな?と思う。
ダイエット方法はたくさんあるし、効果もそれなりにある。しかし、間違った方法も多いのも事実。

栄養バランスはちゃんととって、健康で美しくやせて、リバウンドせず、
簡単で続けられるものであることが一番。

ダイエットで一番気になるのがお腹が出ていることだそう。
お腹も凹む簡単なダイエット方法は古谷暢基先生の簡単なダイエット 美ボディプログラムがいいと思う。

古谷暢基先生の簡単なダイエットの方法は、テレビ、雑誌でも数多く紹介されているので、知っている人も多いと思う。
古谷暢基先生の簡単なダイエットのメソッドの秘密は、
簡単にカラダがエネルギーを消費しやすい燃焼ボディにする事ができるところにあります。
筋力は落とさず、リバウンドしにくい燃焼ボディになっていきますので、
自然と理想的な体型に近づいていきます。

お金もかからず1日7分自宅でできる体操。
体がエネルギーを消費しやすい燃焼ボディにして、筋力は落とさず、お金もかからず、
1日7分自宅でできる健康的でモデルのように美しいダイエットであることをポイント。

筋肉を落とさず、つけて、脂肪を落とすのが大事。
筋肉は骨を守るため、とても重要なのに忘れがち。

骨が基本の体は筋肉が少ないと守れず、健康になれません!



キャベツダイエットをしてみたい!

キャベツダイエットをテレビでやっていた。

ダイエット番組は健康の参考になるヒントが多いので、太っていなくてもよく見る。

キャベツダイエットは毎日しなくても適当に続けてみたいことの一つ。

葉もの野菜にはカロリーが殆どない。
マヨネーズやドレッシングをかければその分だけがカロリーになる。

だから、キャベツを5センチ角に切りそのまま食前に10分間かけて食べ続け、その後普通にご飯を食べるのだけど、満腹感が得やすいので食べ過ぎにならない、というのがポイント。

きゃべつを5センチ角に切るのはよく噛むため。

食欲が旺盛でつい食べ過ぎる人にいいと思うけれど、10分は長い。

だからわたしは、3分でいいからキャベツをゆっくり噛んで食べようと思う。野菜を多めに食べるのは腸環境をよくするから。

食べ過ぎないタイプなのだけど、炭水化物が多くなりやすいので、
血糖値を上げないために。

いきなり炭水化物をたべるのではなく、タンパク質やその他のおかずを食べてからご飯を食べる順番の方が内臓脂肪がつきにくいそうだから。

脂肪率を25パーセント以下に落とすのがわたしの目標。

内臓脂肪を少なくしたい!

体重を少なくすることはわたしにとっては簡単ともいえる。

仕事をやめて、家でごろごろして、お腹がすいたら適当に食べていたら、気付けば5キロくらい太っていた。

でも、仕事を始めたら3か月で元に戻っている。
仕事も机に座りっぱなしだけど、通勤に歩くのがいいのか、自然にやせるし、食事は少し少なくなるので自然にやせる。

時間がないと食べなかったりもあるし、自然に食べ過ぎにならない。
だけど、軽肥満(隠れ肥満)ともいう。
体脂肪率25パーセント以上だから軽肥満だそう。

栄養バランスと食べ方に原因があるのはわかっているのだけど。
炭水化物のとり過ぎとお菓子の食べ過ぎ。

今日からお菓子を買わないことに決めた。
ランチも外食は週2回までにしてお弁当にする。

これだけでも大分変わると思う。
まず、1週間だけやってみよう。

体のダイエットだけでなく食費もダイエットもできそうだから、1週間だけがんばろう!
タグ:内臓脂肪

体脂肪率25パーセント以下になるために

わたしは(女性)軽肥満

細いね、と言われるけれど体脂肪率28パーセント。

25パーセント以上だから。運動しないからだと軽く考えていたけれど、それだけではないことがわかった。

カロリーを控えめにとっていても体脂肪の多い、隠れ肥満、または
正常体重肥満といわれる状態だとわかった。

つまり、体がカロリーをあまり使わない省エネモードの体になっているのである。だから足りないカロリーを体が貯えている脂肪から使わないので減らない状態なんだそう。

理由は二つ。

●栄養バランスを、糖質:タンパク質:脂肪 を 6:2:2にすること。(バランスがいいと食べ過ぎた分は排出される)

●血糖値が持続する食べ方をする。
(すぐあがりすぐ下がるのはよくない)

脳も体もエネルギーにできる糖質
(米、麦、うどん、パン、芋、果物、菓子など)だけを食べると血糖値はすぐあがりすぐ下がる)

食事の時、ごはんを先に食べないで、おかずを半分くらい食べてから、ごはんを食べはじめる方が血糖値が直ぐ上がらない食べ
方。

ゆっくり噛んで食べる方がいいし、ごはんも精製された白米や
精製された粉のうどんより、繊維もたくさん含む玄米や雑穀米をゆっくり噛んで食べた方がいいことがわかる。

これからは体脂肪率25パーセント以下をめざそう!
タグ:体脂肪率

体脂肪も少ない正しいダイエットのコツ

体重が少なくても体脂肪が少ないとは限らない。

わたしは体重は普通だけど脂肪率は高めの隠れ肥満

健康で体脂肪の少ない体にするには!

1.1日1500カロリー

2.糖質:脂肪:蛋白質を6:2:2にする。

3.はじめに汁物などを飲み、胃を落ち着かせる。

4.つぎに、繊維質などを含んだおかずをゆっくりよく噛んで食べる。
こうすることでゆっくり血糖値が上がる。

5.おかずを半分くらい食べたところでご飯をたべはじめる。

(ごはんだけ、お菓子だけを食べる糖質の取り方は血糖値が急にあがるけれども、下がるのもはやいので持続力がない。)

イモ類をのぞく野菜はカロリーがほとんどないのでいくら食べてもいい。

私が体脂肪率が高めなのは運動不足のせいだと思っていた。
しかし、運動はしていないけれど通勤しているし、会社の中ではよく動いているのに脂肪率は高い。

お菓子だけ食べたり、おにぎりだけ食べたりはよくしていた。
でも、全体量は多くないので体重は多くないだけだったとは。

今日から気をつけよう。

汁物やお茶を先に飲んで落ち着く。

お菓子は一個しか買わない、
または、食後にする。
おかずには繊維質のものがちゃんとあるか気をつけよう。

とにかく、栄養バランスと食べる順番。
半年後を楽しみにがんばろう!

ピン子さんもレコーディングダイエットで15キロやせた!

岡田斗司夫のレコーディングダイエット泉ピン子さんも4か月で15キロやせたそう。
まるで別人のように素敵!

森三中の村上知子さんもレコーディングダイエットで10キロやせたそうです。(でもまだ太めですが)

やせたら夫が似合うね、とか髪切ったの?とかいってくれるようになったけど、やせるのは夫のためじゃない、自分のため、洋服買いに行っても楽しいわよ!と。

レコーディングダイエットというのは、いつまでもデブと思うなよの著書で有名なダイエット法です。

はじめは毎日メモノートに食べたものを記すでけです。
これだけでもやせるのです。

無意識に食べる量が少なくなる効果もあるし、客観的に見る目を加わるからなんですね。

岡田さん自身は1年で50キロやせています。

ただ書いているうちに、こんなにお菓子たくさん自分は食べてる。とか、油で揚げたスナックが多いから油とり過ぎだわ、とか、
野菜があまりもすくないわ、とか反省してしまうんですね。

ある程度楽にやせた段階で、こんどはカロリー計算しながら食べるんですが、これもなれれば、卵一個は何カロリーとか覚えてしまうそうです。

ということは、一度やせれば、後は無意識に栄養バランスやカロリーを計算することができるようになるので太らないそうなんです。

わたしも食べたものをメモしています。
太ってはいないのですが、栄養バランスが良くなるし、無駄使いが少なくなる効果があるんですね。

コンビニによろうとして、書くのめんどくさい、やめよう、と思ったりしています。

バナナダイエットから得られるもの

バナナダイエットが一時的ブームだったときはスーパーにバナナがありませんでした。

もう忘れられたのか静かです。
バナナも今までどうりあります。
どうなったのでしょう?
効果がなかったのか、飽きたのでしょうか?

ある、お医者さんは忙しいのでランチをバナナとヨーグルトだけにしたら簡単にやせたと雑誌に書いていました。

また、著名なお医者さんも朝はニンジンとリンゴのジュースだけにして、昼はお蕎麦程度、夜は普通どうり食べる、ダイエットをすすめていました。
この方法だと、あまり、我慢するという感覚なしにダイエットできるからだそうです。

朝は果物だけにするのがいいという専門家もいます。

年齢や職業にもよると思いますが。

子供や肉体労働の人はしっかり食べた方がいいのではと思います。
夜ごはんの食べる時間も関係あると思います。

しかし、果物はエンザイム(酵素)がもっともたくさんとれる食べ物ですので毎朝食べるのがいいそうです。

酵素は生きていく上で消化、吸収をする時に媒体として不可欠のものなので、バナナに限らず果物を毎日食べるがいいと思います。

なお、一度には一種類の方がいいそうです。

伊達式ダイエットはおいしい!

ダイエット方法はたくさんある。

だけどいろいろやってみて、正しいやり方はぴん、とくるものがある。
一見、型破りなようでも正しいのは、栄養バランスは正しくなければいけない。

食べ物は新鮮で近くのものの方がいい。
簡単にいえば、ナチュラルなものがいい。できる範囲で。

極端はよくない、ようだと思うのです。

伊達式も型破りなようですが、以外とナチュラルです。
いちばん違うのは、肉や魚をたくさん食べて脂肪を燃やすこと、良い油をとって排出できるからだにするということです。

わたしは野菜中心の生活ですが、今よりはお魚を多く食べようと思いました。お肉はいっさい食べたくないのでたべませんが。

あまり冷え性でもないので、(今はですが)

ダイエットをしようと思ったら、極端な方法はやめましょう。
まずは、バランスの良い食べ方をしているか?を疑うべき、と思います。
タグ:ダイエット

ダイエットは健康.美容.お金のため!

ダイエットに関心の高い人は多い。
バナナダイエットがはやればバナナが、納豆ダイエットと聞くと納豆がスーパーからなくなる。

なぜ、そんなにダイエットに関心があるの?

goo ランキングにこんなのがあった。

ダイエットをやるぞ!と思った、きっかけランキングの3位まで。

1.健康な体でいたいから
2.写真に写った自分の姿に愕然としたから
3.今もっている服が入らなくなったから

1は、健康、健康は生きていること、元気でいることは基本だし、これがないとはじまらないから当然。

2は見た目が美しいことにあこがれるのも自然な欲望。
 なにかと特するし、美しい方がいいに決まっているし、美しいだけで 仕事だって見つかったりもする。

 モデルとか女優とか、コンパニオンとか。

3は、もったいない、から?
または、これからみんな買うとお金がかかるから?

つまり経済的な問題。

人は、健康と美しさとお金が好き、ということがわかる。

つまり、生きること、生きやすいこととは、健康で美しくて経済力があることとなる。

経済力を持つためには、健康で美しくて才能があると持ちやすいと思う。健康で美しくて才能は普通でもいい。
努力で補えるから。

こう考えてみると面白くなった。