プレミアムドッグフード「モグワン」が通販で買える!

プレミアムドッグフード『モグワン』が通販で買えるようになってよかったです。

日本はとてもペットも可愛がる国民性なのに、ひっこしたり高齢になって飼い主が入院したりすると、放置したり、保健所に連れてい行く人がいるって不思議です。

ペットの人権は法律でも守られていなくて、死んだ時も物扱いなんですね。その点は欧米の方が進んでいます。

売られているペットのご飯も、人がつ買う部分を取った全てをゴミもごっちゃに使われているのです。なので、いまのところ、欧米からプレミアムペットフードを輸入する方が安全なのです。

でもこの事実は、案外愛犬家に認識されいません。ニュースにもならないし、疑問に思わなかったのですね。



プレミアムドッグフード「モグワン」 は、

・愛犬のために本当はフードを手作りしてあげたいけど、時間的に難しい!
・ ドライフードは添加物が心配だけど、手作り食は栄養バランスが気になる!

そんな飼い主の気持ちを叶えるフードを作りたい!という思いのもと ペットフード通販専門の株式会社レティシアンのスタッフが、がイギリスの生産現場にも何度も足を運び 2年もの歳月をかけてオリジナルドッグフードを開発されたのです。

手作り食の安心感・美味しさを再現すべく、 人間も食べられるほど上質で新鮮な食材を使用して作った 栄養たっぷりのプレミアムフードなのです。

レティシアン担当者が2年の歳月をかけて、レシピから作り上げたこだわりのスペシャルフードです。


あなたの愛するワンちゃんのために、試してみませんか?


sibainu.png


モグワンは、欧米のプレミアムペットフードでは、常識となっている、

・グレインフリー
・ヒューマングレード
・オールナチュラル

という、 最近のペットフードのトレンドのこだわりの商品なのです 。

グレインフリーとは、 ペットフードのグレインフリーは、「もともと犬は肉食であり、穀物を消化する機能に長けていないことから、ペットフードへの穀物使用をしない」という考え。

ヒューマングレードとは、捨てるゴミも混ざったとんでもないモノではなく、人が食べてもいいレベルのもの、と言う意味です。

オールナチュラルとは、人も犬も同様、添加物は体に良くないし、体が小さい犬はなおのこと害が大きいのです。


今出回っている多くのワンちゃんのご飯がどんな原料でどんな作られ方をしているか知らないから、気づいていない、日本の愛犬家は多いのですね。

この、モグワンを与え、犬の喜び方や毛の艶の違いを見てほしいと思います。


詳しくは⇒手作りレシピを追求したプレミアムドッグフード『モグワン』











ネコには健康にいい猫ご飯をあげたい!

この世で猫ほどおもしろい可愛い生き物はいないのでは?と思うほどです。しかもよい飼い主に出会えば、とても平和で安全にきままに生きられますよね?

テレビの生きものにサンキューと言う番組が土曜日昼の12時くらいにあるのですがこれが面白いです!!猫のかわいらしさはあの動き、形、気ままさ加減、どても天才的です。

いいなあ!でもこんど猫に生まれ変わりたいかと言われたら迷うけれど。つまり運にかかっているから、運命が。

それにしても猫は可愛過ぎる!

nekogohan.jpg

猫は今は家族の一員だからたいてい可愛がれているのでいいけれど中には知らなくて適当な猫ご飯を与えられているのは悲しい。

日本での法律はペットにはいいかげんなゆるいのしかないので、その点ヨーロッパやその他の先進国は、動物愛護法がしっかりしているので、その分猫ご飯もきちんと猫の健康が考えられているので安心出来るものがたくさんある。

イギリスのカナガン、モグニャンなどが代表的な安心な猫ご飯ですね。人が食べてもいいレベルの素材で作られているのは考えてみれば当然かも?

昔から日本でも猫ご飯は人のご飯にお味噌汁をかけた物などだったし、後は自力の狩ですね。

ねこまんまとはご飯にかつお節かけたものだし。

でも今は手軽に通販で買えるの便利です。


愛猫には長生きしてほしいですからね。














タグ:猫ご飯

犬のしつけ

犬のしつけは間違って信じられていることがとても多いのだそう。

パグを競技に出したいのだけど、飼い主の女の子のいうことをきかないらしい。

テレビでやっていた。
女の子は8歳くらい。
このパグはおとうさんとお母さんのいうことは聞くのに女の子のいうことは聞かない。

犬のトレーナーの方のお話では、甘えさせているのがいけないのだとか。
もう6年もこの女のこと今の付き合い方できているのに、直せるのだろうか?と思ったけれど、なんと、一週間で直ったのだ。

いつも女の子のおやつを食べにくるのに、食べなくなったのだ。

感動!

もう甘えさせてしまっていても直せるなんですばらしい。

藤井さんは警察犬を訓練するお父さんを持ち、小さい時から犬とちゃんと付き合ってこられた
プロのドッグトレーナー。


その藤井さんが書かれた犬のしつけのDVDがとても人気なのだそう。

DVDなのでわかりやすく何度でも見られるのがいい。


正しくしつけて人も犬もしあわせに暮したいですね。

犬のしつけがブーム!

犬のしつけというEブックが大ブームのようです。
ペットと暮らしている人が多いし、当然といえば当然かもしれません。

プロがていねいに書いている本ですから、分かりやすくて結果がでやすいのでしょう。犬を育てるのも子供同様、育て方次第だと思うのです。

だったら、知識があるのとないのとでは大違いでしょう。

わたしの弟も一度ひどくしかったらもう、なつかなくなったそうです。
幸い、家族がほかに3人もいるのでよかったのですが、その犬にとっても恐い人がひとりいるのはかなりストレスだと思うのです。
(その後は叱っていないのでまだましですが)

わたしもその本の内容を少し教えてもらって犬を飼いたくなりました。

子供よりも確実に良い犬にできるのは確信持てましたから。
マンションで飼えないのが残念です。

トイレのしつけについてですが、
犬は残念ながらトイレ以外の場所で排泄したことをしかっても理解できません。
上手くできた時に「ほめる」ことで必ず出来るようになりますから、根気よく続けてあげてください。

これを聞いた時、ほめられる、ことはそんなに犬にとってもうれしいことなの?といとおしくなりました。

犬はいつからそんなに人間と共存する存在になったのでしょうね。
相性のいい犬と出会いたいものです。

できれば捨ていぬの子犬を拾っていい相性になりたいです。
タグ:犬のしつけ